一括審査申込

【住宅ローン】金利上昇中!低金利のネットバンクは危険?メリット・デメリットは?ネットバンクの住宅ローンが低金利な理由は?【楽天・他】

住宅ローンの金利が上昇中です。 平成29年12月末に比べて、 年明けの平成30年1月、住宅ローンの金利が上昇中です。 全ての銀行ではありませんが、じわじわと 金利が上昇中です。 さすがに低金利時代の終了が近づい...
一括審査申込

【住宅ローン】仮審査の有効期間・期限は半年?銀行によって有効期間が異なります。承認が否決になることも!?土地が変わったら再度仮審査申込か?

住宅ローンの仮審査の結果には 有効期間があります。 銀行によって期間は異なるようですが、 半年間が一つのポイントになっています。 半年前に仮審査をして融資承認を もらっていても、半年間経過して しまうとそ...
資格・試験

【住宅ローン】平成29年度第2回住宅ローンアドバイザー養成講座!2月効果測定開催されます!宅建と二級ファイナンシャルプランニング技能士との相性が抜群の資格です。【難易度】【簡単】【難問】

平成29年度の第2回 住宅ローンアドバイザー 養成講座「応用編受講(受験)」の効果測定の日程が近づいています。 2月13日、14日、15日の日程で効果測定が行われるので 受験される方は頑張ってください。 さて、住宅ロ...
自営業

【住宅ローン】自営業・個人事業主の方、0申告では住宅ローンは借りれません。住宅ローンを組む場合は正直に申告する必要がありますよ!自営業・個人事業主・フリーランスにはフラット35がおすすめ!

住宅ローンを組みたいという方は 何もサラリーマンの方だけではありませn。 自分で仕事をしている方、 いわゆる、自営業、個人事業主 フリーランスの方の中にも 住宅ローンを組みたいと思っている 方はたくさんい...
勤続年数

【住宅ローン】仮審査に必要な年収確認資料は源泉徴収表の他、所得証明・市県民税納入通知書でも審査可能です。雇用期間・勤続年数は1年未満でも審査可能?

住宅ローンを組む場合は 仮審査をする必要があります。 仮審査に必須なのが、 年収の判る資料です。 年収の判る資料として代表的なものは 源泉徴収表ですよね。 源泉徴収表は12月までの一年間の収入を 証...
一括審査申込

【住宅ローン】金利上昇!?上昇期間中に突入しています。低金利時代の終了です。急いで仮審査をしましょう。仮審査で低金利を確保できます!

住宅ローンの金利は上昇しています。 平成29年末と平成30年1月では、 銀行の貸し出し金利が上昇しています。 3月まで様子を見ている銀行も 4月以降金利上昇の動きを見せる可能性があります。 いよいよ低金利時代の...
準備書類

【住宅ローン】本審査の必要書類には土地の登記事項証明書が必要です。3ヶ月以内に法務局で取得する必要があります。仮審査期間中の準備では早すぎる?

住宅ローンの正式申込、 本審査の際の準備品目は多岐に渡ります。 その中でも、一般の人が あまり目にする機会が少ない書類があります。 それは、土地の登記事項証明書です。 土地の登記事項証明書は法務局で発行できます。 ...
自己資金

【住宅ローン】仮審査で自己資金が0円でも融資承認・承諾可能?夫:年収200万円・妻:年収200万円・夫婦合算で年収400万円。

住宅ローンの仮審査用紙には 必ず自己資金の申告欄があります。 別の記事でも紹介しましたが、 仮審査で申告した自己資金の 証拠として、通帳のコピーの 提出を本審査の際に求められます。 決してウソの申告をして...
残債一本化

【住宅ローン】住宅ローンに残債をまとめよう!仮審査の際は残債の返済予定表を提出しょう。教育ローンやマイカーローン返済期間中でも仮審査可能。

住宅ローンは日本国内で もっとも金利水準が低いローンです。 その代わり、審査は最も厳しいローンです。 住宅ローンを利用するには 仮審査を申込して初めて、融資を 受けれるか承認をもらうことができます。 この...
団体信用生命保険

【住宅ローン】本審査期間中に生命保険の見直しをおすすめします。団体信用生命保険に加入するなら生命保険の見直し必要?

住宅ローンを利用する際は、 一般の銀行の場合は必ず 団体信用生命保険に加入する必要があります。 この団体信用生命保険は、銀行負担で 加入する保険ですので、お客さんの負担は ありません。この団体信用生命保険に ...
error:
タイトルとURLをコピーしました