【住宅ローン】土地だけの住宅ローンより、土地と建物を同時に住宅ローンを組んだ方がお得?手数料・諸経費・諸費用が2倍になります。

土地を購入して住宅を新築する場合は

土地と建物を同時に住宅ローンを組むケースが

ほとんどです。しかし、中には

土地だけの住宅ローンを組んで、

その後に建物の住宅ローンを組む

方もいらっしゃいます。

事情にもよりますが

どっちがお得なのか考えてみたいと思います。

土地と建物を分けて住宅ローンを組む必要性

土地と建物を分けて住宅ローンを組む

方はどのような事情があるでしょうか?

想定できることは、

いい土地を見つけたが、その場所に

引越しするのが当分先になりそう

だというケースです。

土地は動きが早いので、買わないと

無くなってしまいます。

売主も一般の方ですので、早くお金が

欲しいものです。

土地の契約、残金支払いは結構

シビアな期日指定がありますので

土地だけの住宅ローンを組まざるをえない

状況もあるでしょう。

土地と建物の住宅ローンを分けると経費が二倍?

土地と建物の住宅ローンを分けると

経費が二倍かかります。

これが、二つのローンを組む

最大のデメリットです。

また、お金ではありませんが、

手続きに関する時間も倍かかります。

時は金なりですから、その時間の

ロスもデメリットですよね。

ただ、経費が2倍になるといっても、

もし住宅ローンの保証料が金利に

含まれていたり、0円で融資を受けられる

職業属性の方であれば、5~7万円の経費が

倍になっても、合計で20万円以下の出費

になると思います。考え方によっては

そんなに多額のお金ではないのです。

二つのローンを組む場合、経費以外のデメリットは?

土地だけの住宅ローンでは

住宅ローン控除は受けれません。

建物と土地のローンであれば対象になります。

土地の金額にもよりますが、

住宅ローン控除で戻ってくる税金が

少なくなるのは大きな痛手ですよね。

土地だけを最初に住宅ローンを組む場合、

しばらく後に建物の住宅ローンを組んで

入居後に住宅ローン控除を受けるので、

実際に建物が完成した時期の税制が

どうなているかで、ローン控除他、

建物に関連している税額があがっている

可能性も否めません。

先のことは誰にもわからない

ことではありますが、様々な心配があります。

まとめ

◆土地と建物の住宅ローンを分けた場合、経費が2倍かかる。

⇒二倍にはなるが、保証料が0円であれば、多額の負担になる可能性は低い。

◆経費だけでなく、手続きに関する時間も2倍です。

◆住宅ローン控除など、建物完成時期の税制が

どのようになっているかわからないので、

還付金が減ったり、負担する税額が増えたりする可能性もあり。

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)