【住宅ローン】仮審査で自己資金が0円でも融資承認・承諾可能?夫:年収200万円・妻:年収200万円・夫婦合算で年収400万円。

住宅ローンの仮審査用紙には

必ず自己資金の申告欄があります。

別の記事でも紹介しましたが、

仮審査で申告した自己資金の

証拠として、通帳のコピーの

提出を本審査の際に求められます。

決してウソの申告をしてはいけません。

自己資金0円でも融資承認・承諾可能です。

また、自己資金が無く、0円でも

融資承認・承諾を得ることは可能です。

自己資金についてウソの申告をしなくても

融資承認を得ることはできるので安心して下さい。

その代わり、信用情報に問題がないか、

年収に対する年間返済比率が規定の範囲に

収まっているかは通常通り審査があります。

夫の年収200万円:妻の年収200万円:夫婦合算400万円で自己資金0円でも融資承認なるか?

では、自己資金が0円の場合で、

夫の年収200万円、妻の年収200万円、

夫婦合算で年収400万円の場合、融資承認を得ることは

できるでしょうか?

結論、信用情報が問題なければ、

返済比率に問題無い範囲で借入が可能な可能性が大です。

もちろん銀行によって融資承認の規定は

異なります。中には主たる債務者の年収が

300万円以下だと足きりされる場合も聞いた

ことがあります。

合算年収が400万円だと返済比率が有利になります。

主たる債務者の年収が低いと

その時点で足きりされると先ほど書きましたが、

例えばフラット35を例に出して考えると

合算年収が400万円以上ですと

年間の返済比率の%が35%までとなります。

400万円未満ですと30%迄です。

この5%の違いは大きくて

借入可能額に大きく影響を及ぼします。

合算年収で400万円になるかどうかがポイントです。

住宅ローンを借りる場合は

合算年収が400万円になるかどうかで

借入可能額に大きな影響があります

理由は上記で書いた通り返済比率の

%の規定が400万円を境に切り替わる

からです。

例えで夫の年収200万円+妻の年収200万円=合算で400万円という

話をしましたが、夫が250万円、妻が150万円でも合算すれば400万円

になりますよね?極端な例では夫が300万円、妻が100万円の

場合でも400万円です。

一般の銀行の住宅ローンでは主たる債務者の年収が一定の

額なければ足きりされる可能性はありますが、

フラット35であれば、年収で足きりされることは

ないので夫婦の収入のバランスが悪くても大丈夫です。

仮審査をされる際は、夫婦の年収の合計が400万円以上か

どうかぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)