【住宅ローン】商談期間中でも仮審査して大丈夫?住宅ローンの仮審査結果通知は電話?書面?

結果通知

住宅ローンの仮審査は

計画の初期段階での申込がおすすめです。

不動産屋や住宅メーカーの展示場に

行って見ると、すぐに仮審査をした方が

いいとすすめられます。

業者側からしたら、住宅ローンを

組める人でないと追客する必要がないので

見込み客の振り分けをする為に

仮審査をすすめてくるのです。

しかし、お客さん側からしても

計画初期段階で、自分がお金を

どのくらい借りられるか把握しておくことは

大変重要だと思います。

銀行から借り入れできる範囲内が

予算になりますので、あとで予算オーバーに

なることがないようにしておくことが重要です。

商談中でも仮審査可能?

住宅ローンの仮審査は、商談中でも

審査申込可能です。ですので計画初期段階で

仮審査に挑戦することができます。

なぜ、商談中からでも可能かというと、

仮審査の場合、審査の項目は多岐に渡りますが、

一番重要視されるのは申込人に年収と、個人信用情報です。

購入予定の場所ももちろん審査に関連してきますが

仮審査で申告した物件と別の場所を購入するケースも

正直多いので、購入物件の概要などは心配いりません。

仮審査の準備書類のうち、購入物件の見積り書の

部分については、最悪不動産の広告チラシでも

審査可能なのです。

また、土地を購入、または建替えなど、注文住宅の

計画の場合も商談中で仮審査できます。

とりあえずの内容で住宅メーカーに見積りをもらい、

それを利用して仮審査ができます。

仮審査の結果通知は電話?書面?

この記事では計画初期段階での

仮審査申込について書いてきましたが、

ここで仮審査の結果通知について紹介します。

仮審査の結果通知ですが、銀行から連絡があります。

仮審査を住宅メーカーなどの営業担当に代理で

依頼していた場合、銀行から住宅メーカー経由で連絡がきます。

直接、お客さんが銀行に仮審査申込をしていれば、

お客さんに連絡がきます。

その連絡方法ですが、実は仮審査の連絡方法は

電話(口頭)での連絡をしている銀行が結構多いのです。

中には書面で審査内容をくれる銀行もあるのですが

電話連絡も多いようです。

仮に、電話連絡で、融資の内諾をもらった場合は、

適用となる金利、借入可能額、手数料などの

条件項目を忘れないようにしっかりと記録する

ことをおすすめします。

もちろん、審査結果については銀行に問い合わせすれば

何度でも教えてくれるはずですが、

自分で審査内容を把握、他銀行とも比較する為にも

メモ等で記録することをおすすめします。

 

 

 

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました