【住宅ローン】仮審査で年収に太陽光発電システムの売電期間中の収入を年収合算できる?太陽光の売電価格が0円になる?【事業用】

一時期、住宅業界、建設業界

を超えて世間をにぎわした

太陽光発電システムのブームがありました。

住宅に太陽光発電システムにパネルをのせ、

発電した電気を自宅で使い、余った電気は売電して

対価を得る仕組みです。

事業用として10kw以上の容量のパネルを設置し、

20年間一定の買取価格を約束しているものです。

事業用では農村地帯に無作為に大量のパネルを設置

する地主が問題になりました。光の反射など

近隣への影響をもっと配慮する必要があるようです。

事業用の太陽光発電で得た売電収入は仮審査で年収に合算できる。

もちろん銀行によって条件が異なりますが、

事業用の太陽光発電システムの売電収入も

住宅ローンの仮審査の際に年収合算できるケースが

あるようです。確定申告の有無など詳しい条件は

銀行に要確認ですが、これから住宅を考えている方は

メリットになりますよね。

一般住宅の太陽光発電システムの売電金額が将来0円になる?

事業用に対して、一般住宅用の太陽光発電

システムは10kw未満の容量ですが、10年間、発電した電気の

売電価格が固定となっています。

最近、噂でその10年後の買取価格が0円になる

という話を耳にしました。

0円になってしまうと、今までのような

売電の収入は見込めません。

これは大きな痛手になりそうです。

しかし、日中発電した電気は自宅で使えるので

得になる部分はあります。

当初の10年間の買取価格が固定の間に

設備投資分を回収するのが理想的です。

売電(買取)価格が0円になれば蓄電池の需要がさらに高まる?

仮に、太陽光発電システムの売電価格(買取価格)

が0円になれば、今後蓄電池の需要がさらに高まる可能性があります。

売電が見込めないのであれば、日中発電した電気を蓄電池に蓄え

夜に使用するスタイルが理想的ですよね。

今までは蓄電池の価格が高く、あまり一般家庭に普及していませんでしたが

今後普及すれば並行して価格も安くなる傾向になると思います。

どんどん広まっていくのではないでしょうか?

まとめ

◆太陽光発電システム(事業用)の売電収入を

住宅ローンの仮審査の際に収入合算できる銀行もあります。

→詳細は各銀行に問い合わせ必要。

◆一般住宅の太陽光発電システムの売電価格が将来0円になる噂あり。

→10年間の買取価格固定期間終了後。

◆今後、さらに蓄電池が一般家庭に普及していく可能性大。

→今は蓄電池の価格がネックで一般家庭に普及していない。

→今後、価格の低下に期待できるかも。

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)