【住宅ローン】住宅ローン控除の初年度は確定申告が必要です。入居時?購入時?申告のタイミングは?新住所の住民票がないと申告できない?住所が移せない場合は控除を受けられる?

住宅ローン控除を受ける場合、

初年度は確定申告が必要です。

2年目からは職場の年末調整で手続き可能です。

2018年度の確定申告は2月16日(金)から3月15日(木)

までとなっております。お忘れなく手続きください。

住宅ローン控除には新住所の住民票が必要。

さて、住宅ローン控除を受けるには、

住宅を購入するだけではだめなのです。

住宅ローンを利用して購入した

新居に、入居して初めて控除が適用となります。

引っ越しをして、新しい住所の住民票が必要となります。

住宅ローン借主が住所を移せない場合はどうなるか?

住宅ローンを組んだ方が、

事情があって新居に住所を移せない場合

はどうなるのでしょうか?

基本的に、住所を移してから、直近の確定申告で

ローン控除の申告をすることになります。

ここで注意が必要です。

ローン控除を受ける場合、新築から半年以内に居住する必要があります。

住宅ローン控除を受ける場合、新築から

半年以内に居住することが必要になります。

この半年を過ぎてから入居してしまうと

ローン控除が受けられない可能性もあるので

ご注意ください。

住宅ローン控除・初年度の確定申告のタイミングは?

住宅ローン控除の初年度の確定申告、

そのタイミングは入居時期によります。

平成29年の12月末日までに入居して

新住所に住所移転した方は平成30年(2018)の

2月16日(金)~3月15日(木)に申告をします。

例えば、住宅ローンは平成29年12月に事前実行して、

返済もスタートしているが、注文住宅の完成・入居が平成30年5月

だった場合は、平成31年の確定申告時期になります。

初年度の住宅ローン控除のタイミングは、

購入時や住宅ローン返済スタート時ではなく、

あくまでも入居したタイミングによります。

住宅ローン控除は郵送でも確定申告できます。

知らない方も多いのですが、

実は住宅ローン控除は郵送でできます。

国税庁HPで確定申告書を作成、自宅で

印刷、添付書類をつけて郵送するだけで

簡単に確定申告ができます。

忙しくて確定申告会場にいけない

方にはおすすめですよ。

まとめ

◆平成30年(2018)の確定申告期間は2月16日(金)~3月15日(木)です。

◆住宅ローン控除を受けるには新住所の住民票が必要です。

◆新築完成から半年以内に入居することが住宅ローン控除の適用要件です。

◆購入時や住宅ローン返済スタート時ではなく、あくまでも入居時期で

確定申告する時期が異なります。

◆確定申告は郵送でできます。

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)