【住宅ローン】住宅ローンの繰上げ返済のタイミングは?固定期間中の繰上げ返済手数料は高い?【仮審査】

住宅ローンを組む際に

必ず銀行側から繰り上げ返済の

説明を受けると思います。

繰り上げ返済ってよく聞く言葉なんですが

詳しく知らないという方も多いようです。

この記事では、繰り上げ返済のタイミングと

必要になる手数料についてご紹介します。

繰り上げ返済のタイミングは?

繰り上げ返済のタイミングは、

基本的にはいつでもできます。

しかし、銀行によっては繰り上げ返済する

金額に制限がある場合があります。

少額の繰り上げ返済ができない場合があります。

また、この繰り上げ返済のタイミングには

手数料の話が密接に関係してくるのです。

繰り上げ返済には手数料がかかります。

借りてるお金を予定よりも早く返済する

だけで手数料を取られるなんて

銀行が儲ける仕組みのような気がしますが、

決まりなので仕方ありません。

この繰り上げ返済手数料のことを

考えると、できるだけまとまった金額で

繰り上げ返済したほうが手数料貧乏に

ならずに済むのでお得です。

最近は、ネットバンキングシステムを

採用している銀行も増えました。

ネットバンキングシステムでの繰り上げ返済

手数料は無料の銀行も多いので

要確認ください。

金利固定期間中は繰り上げ返済手数料が高いです。

繰り上げ返済手数料は、

金利の固定期間中は高く設定されています。

当初10年固定金利の場合は、5年目で繰り上げ返済

しようとすると手数料が高めになります。

10年目終了後、金利切り替えのタイミングで

繰り上げ返済をすると手数料が安価になります。

固定期間中の繰り上げ返済手数料は

場合によっては3万円前後になる場合があります。

この金額は馬鹿になりません。

先程も書いた通り手数料貧乏になる可能性大です。

おすすめは、金利の当初固定期間中に

自己資金を貯めて、金利の切り替え時期に

合わせて繰り上げ返済するやり方です。

繰り上げ返済をするデメリットは?

繰り上げ返済をするデメリットを

もし考えるとすると、仮に全額繰り上げ返済した

翌日に不慮の事故で亡くなったりした場合でしょうか。

団体信用生命保険に加入していれば、

保険金で残債が0円になったのですが、

手持ち資金を全部使い、

全額繰り上げ返済してしまったので、

残された家族に現金が全くなくなってしまう

可能性もあります。

明日のことは誰もわからないですので、

推測の話ですが、繰り上げ返済のデメリット

というとこれくらいしか思い当たりません。

まとめ

◆繰り上げ返済のタイミングは、当初の金利固定期間が終了する

金利切り替えのタイミングがおすすめ。

◆金利固定期間中の繰り上げ返済手数料は高額の設定です。

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)