【住宅ローン】試用期間でも仮審査できるか?フラット35なら非正規社員も融資利用可能です。【朗報】

マイホームを持ちたい。

昔から日本人は夢のマイホームという

目標をもっています。

マイホームの形はマンションや新築住宅など

様々かもしれませんが、夢の為に毎日

頑張って働いている方はたくさんいらっしゃいます。

昨今、企業の雇用形態が変化しています。

一時期問題になっていた派遣社員も

まだまだ多いですよね。

正社員でも、生涯雇用の形態も

少なくなり、実力主義、転職

キャリアアップなど選択肢が広がっています。

しかし、若者から年配まで、

非正規雇用の方が増えているのが実態です。

非正規雇用は、正社員ではない人です。

準社員、派遣社員、契約社員

パートなど非正規雇用の中にも

複数種類があります。

この記事では、非正規雇用の方が

夢のマイホームを購入する為の

手法をご紹介します。

フラット35は非正規雇用・非正規社員でも住宅ローンを組めます。

非正規社員の方は、

基本的に一般の銀行の住宅ローンは利用できません。

主たる債務者が非正規雇用では融資承認が

下りないケースがほとんどです。

奥さんがパートで年収合算するなどといった

ケースは銀行によって対応してくれるのですが

主たる債務者が非正規雇用の場合は

まだまだ融資承認まで壁があります。

そこでおすすめなのが、フラット35です。

非正規雇用の方でも融資が利用できます。

フラット35は基本的に継続して収入が見込める

場合は融資の対象になるのです。

もちろん、借入可能額については

収入によって異なりますので

希望額が借入可能であるかは

別途返済比率から計算する必要が

あります。しかし、一般の銀行ローンは

金額にかかわらず利用することが難しい

と思いますので、非正規雇用の方の

夢のマイホーム取得にはフラット35が強い味方に

なってくれると思います。

フラット35は試用期間でも仮審査可能です。

フラット35は試用期間中でも審査可能です。

フラット35の仮審査をしている銀行であれば

試用期間中の毎月の給与明細があれば

そこから割り戻し計算をして年収を算出して

審査してもらうことができます。

急いで住宅ローンを組む必要がある場合

などは、大変助かります。

フラット35は本審査から申込できます。

フラット35は仮審査をしなくても

すぐに本審査から申込ができます。

ケースバイケースでが、

仮審査で承認がでても本審査で否決に

なるケースもフラット35ではあります。

個人的には、建設地が確定している場合で、

可能であれば本審査から申込することを

おすすめします。

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)