【住宅ローン】仮審査には、工事期間中の仮住まい費用や解体工事などの付帯工事も含めれるか?諸経費は融資対象?マイカーローンや残債のまとめも可能?

住宅ローンをその名の通り、

住宅を購入する為のローンです。

よく質問頂くのですが、

住宅を購入する際に必要な資金の

内、どこまでが融資の範囲ないなのか

聞かれます。

最近の住宅ローンは時代に合わせて

進化していますので、実はほとんどの

項目が融資対象になっているのです。

まずは、住宅を新築する場合について

考えてみましょう。

建物本体以外の解体工事や、エアコン、カーテン工事も含まれます。

住宅を新築する場合、

建物本体以外にも様々な

工事が必要ですよね?

例えば古い建物を壊す場合も

そうですし、エアコンを取り付ける工事や

カーテン工事もそうです。

実は、最近の住宅ローンは、建物本体

以外の工事も融資対象になっています。

建物以外に必要な工事は、その項目ごとに

契約書が必要になりますが、融資対象になります。

諸経費も融資対象になります。

また、最近は、工事費以外で必要になる

各種手数料などの経費も融資対象になる

銀行がほとんどです。いわゆる自己資金が

0円でも融資を受けることができるということです。

昔に比べて、自己資金が無くても

融資が受けれることが、若い世代でも

住宅ローンを組めることにつながっています。

若い人の持ち家率向上につながって

いるのではないでしょうか?

仮住まいの期間中の家賃も含まれるケースもあり。

銀行によっては、自宅の建替え工事に必要な

仮住まいの費用なども含まれます。

また、家具家電代も融資対象となる

商品も扱っている銀行もあるようです。

住宅を新築すると、家電家具も新規でそ

揃えたくなるものです。

いくらかでも予算を組んで資金計画を

するのもいいと思います。

マイカーローンや他の残債も住宅ローンにまとめれます。(一本化)

さらに、最近の住宅ローンについて

特筆すべき点は、マイカーローンなどのほかの

残債も含めて、住宅ローンに一本化できるところです。

もちろん全ての銀行で取り扱っている

わけではありませんが、残債をまとめることができる

住宅ローンを扱っているところが増えています。

この方式の住宅ローンを利用すれば、

マイカーローンがあることで

住宅購入を諦めていた人も、夢のマイホーム取得に近づくことができます。

非常に画期的なシステムだとおもいます。

さらに、借入を可能にするための施策として

最長35年の借入期間を40年間にした商品を

取り扱っている銀行もあります。

年収に対する年間返済比率も低くなり

勤続年数が短く、まだ年収の低い

若い人の住宅取得に追い風になりますね。

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)