【住宅ローン】仮審査期間中に団体信用生命保険の告知書を出すデメリットは?妊娠も告知事項です。

住宅ローンを利用する際は、

必ず銀行側で団体信用生命保険の

加入を義務としています。

言い方を変えると、この団体信用生命保険に

加入できない場合は、住宅ローンの

利用はできません。

住宅ローンの中でもフラット35だけは

団体信用生命保険の加入が任意となっています。

それ以外の一般の住宅ローンは

団体信用生命保険の加入ができないと

住宅ローンの利用はできません。

仮審査期間に団体信用生命保険の告知書を提出するメリットは?

仮審査の際は、一般的に

通常は団体信用生命保険の告知書を記入・提出する

ことは義務化されていません。

しかし、個人的な意見ですが、過去に病気をしたであるとか、

現在闘病中であるとか、保険の加入に際し

懸念事項がある場合は、仮審査期間中に団体信用生命保険の告知書

を記入・提出することをおすすめします。

メリットとすると、事前に保険に加入できるか

わかるので、本審査の正式な手続きに進んでから

保険加入不可能であることが判明し、急遽

計画変更となる事態を避けることができます。

また、告知事項の中には病気やケガ

だけでなく女性の場合、現在妊娠しているかも

含まれます。団体信用生命保険は

銀行が加入できるか審査するのではなく

各保険会社に判断を仰ぐので少し

時間もかかります。

ぜひ、仮審査の時点での団体信用生命保険

の告知書記入・提出をおすすめします。

本審査期間中に団体信用生命保険に加入できないことが判明したら?

先程、仮審査期間中に団体信用生命保険の告知書を

提出するメリットについて書きましたが、デメリットはありません。

ぜひおすすめします。

では、ここでは、万が一本審査に進んだ際に

団体信用生命保険に加入できないことが判明した場合

どのような対処が必要か紹介します。

一つは、保険加入できない部分・

項目を除いて、担保しないで保険に加入できないか

保険会社に相談する方法です。例えば、目が悪い場合で

今後、目の具合がより悪くなった場合でも保険適用なならない

ことを条件に、保険に加入するなどの措置ができないか

相談することです。

二つ目は、フラット35を利用する方法です。

フラット35は団体信用生命保険の加入が任意です。

保険に加入できない方でもローン利用可能です。

仮審査の承認を得て本審査に進んでいる状態であれば

個人信用情報などは審査通過していると思うので

あとは規定の返済比率内に収まる範囲であれば

フラット35の借入可能となる可能性大です。

しかし、一度進んでいる手続きを中止して

新たにフラット35の本審査を受けるのは

時間がかかる話ですので、お金が必要な

時期に間に合うかどうか確認が必要です。

やはり、万が一の事態で慌てることのないように

仮審査の時点で、心配な方は

団体信用生命保険の告知書の提出をおすすめします。

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)