【住宅ローン】火災保険の見積りはいつのタイミングで必要?住宅ローン本審査期間中に火災保険見積りは必要か?

住宅ローンを組んで住宅を購入する場合、

物件の完成・引渡し後、

火災保険の加入をお願いされます。

この記事では火災保険、また火災保険の見積りを

するタイミングについてご紹介します。

火災保険は最長で何年間加入できる?

まず、火災保険の加入年数についてです。

以前は最長で35年間の保険料一括支払いでの

加入が可能でした。しかし、東日本大震災後に

制度がかわりまして、最長で10年間の加入となりました。

実は保険料の実質的な値上げとなったのです。

35年一括払いの保険料と10年一括払いの保険料では

10年一括払いが安いのですが、割高になっています。

ちなみに、地震保険は1年更新か5年更新のどちらかを

選択できます。

火災保険はいつまで加入・契約すればよいか?

まず、火災保険の加入のタイミングですが、

建物の引渡し日までに加入手続きをして頂ければ

と思います。遅くても、引渡し・所有権移転当日

の手続きが必要です。

基本的に引渡し日までは、業者の火災保険が有効になっています。

引渡し日からは施主の火災保険を適用させることになります。

火災保険の見積りをするタイミングは?

いよいよ、火災保険の見積りをするタイミングですが、

銀行によっては、住宅ローンの本申込、

本審査手続きの際に火災保険の見積書を添付する

ことを求められる場合があります。

物件の購入価格などがわかっているのであれば、

早めに火災保険のお見積りをとることを

おすすめします。よくある話ですが、

物件の引渡しギリギリで火災保険の見積りをとり

保険会社一社のみしか検討できなかったというケース

があります。

火災保険も保険会社によって補償内容がバラバラ

です。ぜひ早めに見積もりをとって、複数の

会社を検討されることをおすすめします。

インターネットで複数の保険会社へ火災保険の見積り依頼ができます。

火災保険の見積りをする際に

おすすめなのが、インターネットでの

火災保険の見積り依頼サイトです。

最近は車の保険から、引っ越しまで

様々な見積もりがインターネットで依頼できます。

一回の必要事項入力で、

10社以上の会社に同時に火災保険の

見積りが依頼できます。

忙しい場合や、どのこの保険会社に

頼んだらよいのかわからない、

建築業者・不動産業者に火災保険を

紹介してもらったが、もっと条件を

比較検討したい場合などは、

インターネットの火災保険見積もり

依頼サイトを有効活用されてみてはいかがでしょうか?

もちろん無料で利用できます。おすすめです。

 

 

 

 

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)