【住宅ローン】フラット35の本審査期間中に複数申し込むことはできない?敷地が変更になると再度本審査必要?

住宅金融支援機構のフラット35を

利用する方が増えています。

2018年に入り、各銀行が住宅ローンの

金利を引き上げています。

もともと店舗をあまりもたない

ネットバンクなどは低金利を継続していますが、

地方銀行などは、いままで加熱していた

変動金利の引き下げ幅を縮小しています。

結果、住宅ローンの金利が高くなっています。

金利が高くなると、一般的に変動金利で

利用する方が減少し、フラット35などの

長期固定金利型を選択する方が増えてくると

言われています。

また、最近は住宅を求める方が多様化しています。

勤続年数が短い若い方や、女性単独での融資

利用や、個人事業主の方など本当に様々です。

生活や経済が多様化していることが顕著に表れています。

そのような背景からも融資先の裾野が広い

フラット35は今後も注目されていくと思います。

フラット35は複数申込することはできない。

フラット35は基本的に仮審査をしないで

すぐに本審査を申込みすることができます。

結論から言うと、フラット35の本審査は複数申し込みする

ことはできません。ある銀行からフラット35の本審査を

申込して、その審査期間中に別の銀行からフラット35を

申込することができないのです。

仮に、別の銀行からフラット35を利用したい

といゆ場合は先に申込していたフラット35を取り下げる

必要があります。

フラット35は住宅金融支援機構の融資ですが

手続きは各銀行が窓口となります。

実は各銀行ごとに融資の金利や手数料が異なるのです。

この理由から複数の銀行でフラット35を申込みしたいという方も

多いと思いますが、複数のフラット35を同時に申込

することはできないのでご注意ください。

敷地が変更となると、再度審査が必要です。

フラット35の注意点の一つに

敷地が変更になると、再度本審査申込が必要となります。

通常の銀行融資では、仮審査を行い、

そのご本審査の流れになるので、

仮審査から本審査までの間に建築予定地が

変更になる場合がよくあります。

しかし、フラット35はいきなり本審査になる

ケースがほとんどなので、一度フラット35の本審査で

融資承認をもらったとしても、建築地が変更になってしまった

場合は、再度本審査を申込みする必要があります。

印鑑証明書など公的証明書も再度必用となります。

建設予定地が変更になる可能性がある場合は

できるだけ確定した土地で本審査申込されることを

おすすめします。ご注意ください。

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)