【住宅ローン】仮審査で自己資金確認資料は必要か?仮審査期間中に自己資金を貯めるのは可能?【通帳コピー】

住宅ローンの仮審査をする際は

必ず資金計画を記入する必要があります。

資金計画とは、住宅計画に必要な総資金がいくらで

そのうち自己資金で支払う分、そして住宅ローンで

支払う分がいくらか?という内容です。

仮審査をする際、自己資金確認資料は必要か?

住宅ローンの仮審査に際は

自己資金の申告をする必要はありますが、

自己資金確認資料を添付・提出する

必要はありません。

ちなみに、自己資金確認資料とは

一般的に通帳のコピーなどです。

自己資金の申告でウソをついたらどうなる?

では、口頭での申告だけでOKということなら

少し自己資金を多めに申告した場合

どうなるでしょうか?

実は、仮審査では自己資金の申告は口頭

でOKなのですが、本申込・本審査の段階では

自己資金確認資料(通帳コピー等)の提出を

求められるのです。

そのタイミングで仮審査時点の申告額の

自己資金を証明できないと

融資承認が取り消しになる場合もあります。

本審査の時点で融資否決となるのです。

自己資金は0円でも融資を受けられます。

最近は、住宅ローンを利用する方でも

自己資金が0円で全額借入をする方も増えてきました。

昔の金融公庫の流れで、全額融資不可でると考えている

方も多いようですが、実は自己資金が無くても住宅ローンは

組めます。しかし、自己資金が0円の人よりも

例えば10%でも自己資金がある方の方が

銀行の審査が通りやすいのも事実です。

また、住宅ローンを利用する際に保証料という経費が

かかるのですが、この保証料の料率は自己資金の額に

よっても変わるようです。自己資金が少ない人の方が

保証料が高くなる傾向にあります。

自己資金が無くても住宅ローンを利用することは

できますが、自己資金がある方が銀行から提示

される条件はよくなるということです。

仮審査期間から本審査までの間に自己資金を貯めることは可能か?

仮審査の期間中から本審査までの

間に自己資金を貯めることは可能でしょうか?

という質問をもらったことがあります。

仮審査から本審査までどのくらいの期間になるかによりますが

可能だと思います。本審査までの期間に貯蓄する額を

見越して仮審査の時点で申告することも可能かと思います。

また単に貯蓄をするだけでなく、本審査までの間に

親から援助金を贈与してもらうといった場合は

仮審査の時点でその内容を申告しても大丈夫です。

もちろん贈与のお金であっても確認資料(通帳コピー)を

提出する必要はありますので注意してください。

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)