【住宅ローン】延滞履歴のある人(ブラックの人)が仮審査の承認をもらう方法?住宅ローンを借りる方法は?

延滞履歴のある人ときくと、

いわゆるブラックで、借金を滞納してしまっている

特別なイメージを持っている方が多いと思います。

実は、ブラックな人で多いのが、

知らない間に、延滞をしてしまって、

知らない間に「ブラック」な人になって

しまうケースがほとんどです。

ブラックとはどんな状態か?

いわゆる「ブラック」とはどんな状態を示す

のでしょうか?

ブラックとは、個人信用情報に登録されている

債務の状況の中に事故(延滞)が記載

されている場合が一般的です。

延滞だけでなく、自己破産、債務整理、

消費者金融の利用履歴なども個人信用情報

として登録されます。

最近よくブラックといわれるケースで

多いのが「延滞」です。

延滞は、先ほども書きましたが、

自分では意図せずに、延滞してしまう場合も多いようです。

例えばマイカーローンや、携帯料金の

引き落としがなっていなかった場合も

延滞になります。

何かの拍子にタイミングが合わなくなり

毎月延滞して支払っていたというケースも聞いたことがあります。

一回だけの延滞と違い、複数回の延滞は信用を損なう

可能性が高いですから心配ですよね。

どうでしょうか?意外と普通の人でも

ブラックな状態に簡単に陥ってしまう

可能性ありますよね?

ブラックな人が住宅ローンの仮審査を申込するとどうなる?

では、ブラックな人が住宅ローンの

仮審査を申込するとどうなるのでしょうか?

まず、深刻なブラックは否決になります。

いわゆる自己破産や債務整理をしている方は

否決の可能性が高いです。

では、軽微なブラックとでもいいましょうか?

本当に引き落としが遅れただけの延滞履歴の場合は

仮審査の承認がおりるケースがあるようです。

但し、条件があり、仮審査の申込の際に

その旨申告があったり、審査中に銀行から

問合せがあった際にしっかりと自己申告を

することが絶対です。

何も申告しないで仮審査をしてしまうと

軽微なブラックでも否決となってしまう可能性が

高いので注意して下さい。

自分の信用情報を確認する方法

ここまで、「ブラック」について

書いてきました。中にはいくつか

心当たりがある方も多いのでは

ないでしょうか?

興味や心配で、自分の信用情報が

どのような状況になっているか

確認したいという方もいると思います。

実は仮審査を出しても、個人信用情報の

中身は知ることはできません。

銀行側は知ることができますが、

お客さんには公開されません。

仮審査の承認・否決の連絡で

内容を予想する範囲です。

もし、個人信用情報の中身を知りたい

場合は、本人から個人信用情報機関に

情報開示請求をすることができます。

有料になりますが、「CIC」などが有名ですよ。

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)