【住宅ローン】結論:複数の銀行で本審査を受けることはできない。仮審査期間中でも複数の銀行に仮審査申込できます。

複数の銀行で、住宅ローンの本審査を

受けることはできません。

理由は、本審査を受ける時点で

その銀行に正式に住宅ローンの

申込をして、金銭消費貸借契約を

する段階にあります。

複数の銀行で、その状態にあるということは

ありえません。

一度、正式なローン申込を破棄して

別の銀行にローンを申込する必要があります。

なぜ、複数の銀行に本審査の申込をしたいと

思ったのか?多くの場合は、別の銀行の

条件(金利・手数料)が気になるという

理由ではないでしょうか?

確かにその考え方には一理あります。

しかし、先ほど述べたように

複数の銀行で本審査を受けることはできません。

もし複数の銀行の条件を比較するのであれば

複数の銀行に仮審査の申込をしましょう。

複数の銀行に仮審査を同時に申込することは

全く問題ありません。

むしろ、条件を比較するにはこの方法が

一番よい方法だと思います。

仮審査の時点で、銀行の条件を

しっかりと比較することで

この記事で紹介したような

本審査の時点で慌てる必要がありませんよね。

仮審査は無料で実施できます。

自分で銀行を廻るのもよし、

インターネットを利用して一括で

仮審査を申し込むのもよし、

様々なやり方がありますので

自分に合っている仮審査のやり方を

試してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、一度銀行へ

仮審査の申込用紙とともに

提出した必要書類は返却されません。

複数の銀行へ仮審査を出す場合は

事前に必要書類(源泉徴収表や、本人確認資料)

のコピーをとることをおすすめします。

フラット35でも本審査(本申込)を同時に複数申し込むことはできません。

フラット35でも、本審査(本申込)を同時に複数の

銀行へ申し込むことはできません。

もし、別の銀行に本審査(本申込)を申し込む場合は

一度先に申込した銀行のフラット35の申込を破棄する

しかありません。もし、別の銀行が窓口になっている

フラット35に申込する場合は、最初の銀行での申込を取り下げしてください。

ちなみに、フラット35の本審査(本申込)は

建築地が変更になると、再審査(再度申し込み)

となりますのでご注意下さい。

フラット35の特性上、本申込(本審査)の取り下げ

はよく聞く話ですが、一般の銀行の住宅ローンでの

本申込、本審査はイレギュラーです。

このような事態になると、手続きに時間がかかるだけでなく

ローンを利用したお金の支払いも遅れ、

周りの方に大変迷惑をかけることになりますので

十分ご注意下さい。

 

 

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)