【住宅ローン】仮審査の審査期間中に病気になってしまったら?団体信用生命保険に加入できない?審査否決?

住宅ローンを利用するには、

本申し込み、本審査の時点で

団体信用生命保険に加入しないと

いけません。

健康な方なら問題ないのですが、

保険に加入することになりますので、過去、現在、大病を

患った場合、告知義務にあたる病気の場合は

最悪の場合、団体信用生命保険に加入できずに

融資の利用ができなくなる場合があります。

仮審査の審査期間中に告知義務にあたる病気になってしまった場合

では、仮審査の審査期間中に、

この団体信用生命保険に加入するにあたり

告知義務にあたる病気を患ってしまった場合は

どのように対処すればよいのでしょうか?

実はあまり知られていませんが、

住宅ローンの仮審査の段階で

団体信用生命保険の告知書を

記入して、保険会社に審査をしてもらう

ことができます。

仮審査の時点で、告知せず、

正式な申込手続きの時点で保険に

加入できないことが判明すると、土壇場で

融資の利用ができなくなるわけですから大変です。

もし心配がある場合は仮審査の時点で

団体信用生命保険の告知書も提出したい旨

銀行の担当者に申し出てください。

対応して頂けると思います。

団体信用生命保険の告知書提出時に診断書が必要な場合あり。

団体信用生命保険の告知書は

記入例をもとに、詳細を記入する必要があります。

場合によっては受診されている

病院の診断書も必要になる場合があります。

準備に時間がかかる場合がありますので

注意してください。

また、服用している薬がある場合は

薬の名前なども記入が必要になります。

予め確認をしておくとスムーズです。

団体信用生命保険に加入できない場合はフラット35がおすすめ。

万が一、団体信用生命保険に加入できない場合は

フラット35の利用をおすすめします。

フラット35は団体信用生命保険の加入が任意です。

通常の銀行の住宅ローンを利用できなくても

フラット35を利用すればマイホームをあきらめずにすみます。

もうすでに、保険の加入が難しいと

判っている場合は、最初からフラット35の

利用に絞って手続きを進めていくのも

時間を効率よく使えるのでおすすめです。

どちらの場合も時間に余裕をもって手続きください。

通常の銀行融資を利用する場合も

フラット35でも、急に団体信用生命保険に加入できない

ことが判明すると手続きに混乱をきたします。

告知書を記入する場合でも

必要事項を埋めるのに事前に確認が必要な

項目も多いので、どちらの融資を利用する場合でも

時間に余裕をもって手続きすることをおすすめします。

 

 

SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)